受講生の声

先輩受講生のさまざまな変化をご紹介します!

【NEW!】 仕事と育児で追われる日々に疑問を感じて受講。
いろいろな方面で努力し、活躍する仲間の存在は、とても刺激になりました!
K.K.さん(経理)ベーシック3期・アドバンス2期

受講する前の私は、仕事も育児も頑張ってはいたものの、毎日忙しくて、目の前のことをこなすのに精一杯。お迎えギリギリまで仕事をして、帰ってきたら寝落ち。目覚めたら慌ててPCを開けて仕事……常に何かに追われる毎日の中で、「本当にこれでいいのかな?」と思っていました

キャリア戦略カレッジに参加して、将来どういう自分でありたいかを考えたところ、自分自身を大切に労わる時間を作れていないこと、何より、そもそも自分ための時間を作ろうとしていなかったことに気づいたんです。自分の目指すところを言語化できたことはもちろんですが、人生を振り返ったことで、今ある幸せに感謝する気持ちが強くなりました

モヤモヤの元を自分で理解できたこと。自分がなりたい姿を描いて、言語化できたこと。そして、それを仲間と共有できたこともよかったです。

参加者のバックグラウンドはさまざまで、いろいろな方面で活躍・努力されていて、とても良い刺激を受けました。最終回に発表するキャリアビジョンは、本当に素晴らしかったです。

私は、まだまだ自分のことで手一杯。まず、自分が変わろうという段階ですが、忙しい中でも、すでに社会貢献したり、人のために動いていらっしゃる仲間を目の当たりにして、私もいつかひとのために動けるように、自分の幅を広げていきたいと思いました。

また、講師のお二人のフォローとフィードバックが素晴らしかったです。つたない言葉であってもまとめてくださったり、何を言っても受け止めてくださる雰囲気を作ってくださったおかげで、発言しやすかったです。

3か月間、たくさんの学びと気づきをありがとうございました。これからも行動し続けられるよう、頑張ろうと思います。

【NEW!】自分の人生に自信がなかったけど、私が選んできた道は、それでいいんだと思えるようになりました。
 R .T.さん(品質管理)ベーシック4期・アドバンス2期

受講後の大きな変化は、自分のこれまでの人生や働き方に自信がなかったけど、私が選んできた道は、それはそれでいいんだと思えるようになったことです。

また、”変化”に対する気持ちが変わったと思います。受講する前までは、私にとって変化=恐怖でしかありませんでした。2年前から社内の品質管理業務に携わっていますが、常に新しい仕事が与えられ、未知の対応をしなければならないことが多かったのです。さらに、業務が多岐に渡るため、いつも「仕事=わからないこと」が降りてくるような状況でした。そのうちに、「仕事=わからない=できないこと」とまで思うようになり、どんどんモチベーションが下がっていました。

でも、この講座で自分の不安・不満の源泉や価値観を掘り下げたことで、自分のモヤモヤした気持ちを紐解く方法がわかり、「まあ、どうにかなるだろう。さあ、やるか!」と、変化をむしろ楽しめるようになりました。

人生にとって大切なことが何かを気づかせてもらい、踏み出す勇気を得られたこと。不満、不安に対してただモヤモヤするだけではなく、解決する術が身についたこと。これは、私にとって、とてもよい変化でした。

講師のお二人には、いつもあたたかい言葉をかけてくださり、見守ってくれて感謝しています。一緒に励まし合う仲間ができたことも、とてもよかったです。

【NEW!】 今できそうな仕事をなんとなく始めることに疑問を感じ、長期的な視野でキャリアを再構築。そして、大学編入を決意!
Mさん(主婦/大学通信教育学部4年/NPOで活動中)ベーシック4期・アドバンス2期

この講座を受講してよかったことは、長期的な視野で自身のキャリアを考える機会ができたことです。3ヶ月間自分に向き合い、今何が必要か、どんな仕事をしていきたいかを深く考えた結果、受講前にはまったく考えていなかった、”大学編入”という選択をしました

キャリア戦略カレッジに参加する前、6年務めたNPOを退職することになり「これからどんな仕事をしようかな」と悩んでいました。そして、受講しているうちに、今できそうな仕事を選んですぐに就職することに対して、疑問を感じるようになったんです。

最初のキャリアコンサルティングでは、「私には何もないし…」と思っていました。でも、講師のお二人が今までの私の仕事のことや人生を認めてくれたことで、「今までやってきたことはつながっていたんだな」と思えるようになりました。

受講する仲間がいて、励まし合ったりいろんな考え方に触れたりできたこと。毎回の宿題でのアウトプット。2回のキャリアコンサルティングを通じて、自分の軸で考え、行動に移すことができたのだと思います。

キャリア戦略カレッジの講座の中では、自分のライフラインを作るワークが最も心に残っています。自分の人生を振り返ってみたら、ノート6ページ分になりました。講座では、それを元に他の受講生たちとワークをするのですが、このとき徹底的に自分の人生を振り返ったことで、自分がモヤモヤしていた本当の原因にたどり着くことができました

実は、私は家庭の事情で、高校卒業後に学びたい進路を選ぶことができなかったんです。そのため、ずっと心のどこかに当時の夢である「教育NPO」という想いが残っていたのかもしれません。将来的には、今参画しているNPOでの活動を活かした仕事に就きたいと思い、資格を取得するために大学の通信教育学部に編入しました。いつか、子どもや若者の伴走者となることをライフワークにしたいと考えています。

この講座で、自分の価値観や、何をしていきたいかを本音で考える機会がなければ、学生になるという決断はできなかったと思います。「やってみたいな」とは思ったかもしれないけれど、大きな選択をし、一歩踏み出す勇気は持てたのは、この講座を受けたからに他なりません。この先の道も簡単ではないと思いますが、数年かけてやりたいことに挑戦してみます。

【NEW!】 24年間勤務した会社を辞めるのは勇気が必要でしたが、キャリアコンサルタントとして「半径2メートルの人を笑顔に」という次の目標に向かっています!
井戸田直子さん(キャリアコンサルタント)ベーシック4期・アドバンス2期

キャリア戦略カレッジを受講した理由は、育休復帰してからの働き方、今後の在り方に悩んでいたからです。退職を考えているときにキャリア戦略カレッジを知り、とにかく自分と向き合いたい!と思って受講しました。

キャリア戦略カレッジの魅力の一つはグループワーク! 安心安全な場で、自分が発信して受け止めてもらえること、他のメンバーの発信による気づきや刺激。他のメンバーの発信がすごいなあと受け止めつつ、自分は自分の出来ることをやろうと思えたとき、自分を認める一歩が踏み出せだせた!と感じました。

受講後の一番の変化は、「ありのままの自分でいいんだ」と思えるようになったことです。受講する前は、退職かするかどうかを迷っていました。正直なところ、24年半の会社員生活を手放すのは容易ではなく、退職後も自分の存在不安がありました。

そんなときに、講師の由貴さんから「何もなくても、組織に所属していなくても、まずはそのままの自分を認められれば、子どもも自分自身を認められることになるのでは?」と言われてハッとしました。私が目指す子育てを実現するためにも、まずは自分で自分を認めることがスタートだと気づくことができたんです。

また、ワークを通じて、自分の中の優先順位が”子育てと家族”にあることが明確になったものの、やっぱり「仕事をしたい!」という思いも否定できない。もう、これは両方受け入れようと思い、今後はキャリアコンサルタントの資格を生かして独立したいと思うようになりました。

私のキャリアビジョンは、”あるがままの自分を受け入れて自信をもって生きていく” です。受講する前には思いもしなかったことだったので、自分でも驚いています。

現在は、アドバンス講座を受講しながら、少しずつ次のステップを踏み出すための準備をしているところです。今の次なる目標は、「半径2mの人の笑顔を実現する!」。家族を大事にしつつ、スキルを磨きながら実現したいと思っています。

【NEW!】 これまで信じてきたキャリアの先行きに不安を感じて受講を決意。
自分の市場価値を知るために転職活動や専門性を活かしたボランティアを開始しました!
スマイリーさん(会社員)ベーシック4期・アドバンス2期

この講座を受講したきっかけは、尊敬していた上司の退職でした。あまりにも突然、私のロールモデルとも言える存在を失ったことがとてもショックで、気持ちも頭も追いつかず、今後のキャリアの先行きを見失っていました

そこで、知人でもあった講師の石井由貴さんにキャリアコンサルティングをお願いしました。そのときに、「もし今後継続してキャリアコンサルティングを受ける予定なら、キャリア戦略カレッジがおすすめ」と聞き、私自身も、この想定外の出来事を一人で消化し、乗り越えるのは難しいと感じていたので受講を決意しました。

受講中は、自分自身のキャリアを棚卸しして、言語化することを目標にしました。また、組織で働くことを問い直したいと思い、「今後のキャリアをどのように築いていくか」も課題でした。

受講後に振り返ると、この講座で得た変化は4つあります。

1つめは、発信へのハードルが下がり、noteでの発信を始めたこと。今年のテーマが「発信したい」だったのですが、なかなか踏み切ることができないままでした。ですが、キャリアコンサルティングの中で「発信できなかった理由」を言語化でき、一歩踏み出すことができました。

2つめは、自分の市場価値を知るための転職活動をしたり、職務経歴書を作成し、ある企業で専門性を活かしたボランティアを開始したこと。

3つめは、「Will Can Must」を描くワークの中で、Mustの中でWillを描いていたことに気づき、Willを大事に動くことにした結果、おもしろいことがたくさん起こっていると思えたこと。

4つめは、自分の中にあった足枷やしがらみに気づけて、身軽に行動できるようになったことです。

また、受講生同志のコミュニティで信頼する仲間と共に歩めたことや、講師の方々とのキャリアコンサルティングは、単発で行う相談とは違って、これまでの変化を踏まえて、さらに踏み込んだ内容を話すことができて自分なりの気づきがあり、とてもよかったです。

理系の知識・スキルを活かして子どもたちのための活動を開始!
竿尾 友恵さん(公務員)ベーシック1期・アドバンス1期

キャリア戦略カレッジに参加する前、私は、「自分には何もできない」と思っていました。職場も閉塞感がある環境で、先行きに不安を感じていた一方、子どもたちもまだ小さく、転職などは考えづらい状況で悩んでいたんです。

でも、キャリアカレッジへの参加を機に、人生で本当に大切にしたいことを考えるようになりました。中でも、自分の人生を振り返るワークでは、小さい頃自然の中で遊んだり、動物と触れ合うことが大好きだったことを思い出し、動物や自然との関わりを大切にしたいと考えるようになりました。

また、そこから一歩進んで「自分にもできることはなんだろう?」「やりたいことはなんだろう?」と思考を深めていくと、「次世代のために何かしたい」という思いに気づき、発信することを決意。専門性を生かしたボランティアをしたり、勉強会を開くといった行動をし始めることができています。

この講座を受講する前と後を比べると、わたしは自分のことが前より少し好きになれたし、かなり積極的になれていると思います。

夫の海外転勤帯同を前に新たな分野のスキルを獲得し仕事を受注!
中山 雪さん(フリーランス)ベーシック1期・アドバンス1期

第1子出産後は、子育てに重点を置きながらフリーランスで編集・ライターの仕事をマイペースに進め、キャリアについてはあまり深く考えていませんでした。

3人目を出産したあと、夫の海外転勤の可能性も出てきたことで「やみくもに仕事を増やすのではなく、ここでいったん立ち止まって今後のキャリアを見直したい」と思っていたころ、ちょうどキャリア戦略カレッジ第1期を募集されていたので飛び込みました。

家庭の事情、コロナなど、自分ではどうしようもない「波」にさらされていた時期でもあり、受講期間中は、本当にずっと迷っている状態でした。キャリアカレッジのワークには講義後も何度も取り組み、「本当は、何をしたい?」と問いかける中で、だんだん自分の価値観や本音に気づけるようになりました。

ただ、気づくだけでは結局これまでと同じで、なかなか動くことができていませんでした。「小さくてもいいので行動すること」が大切と気づき、昔やりたかったけれど諦めていたPRのスキルを身につけるため、講座を受講することを決意。新たなキャリアづくりを目指して行動しています。
講師のお二人には、まさに「一歩踏み出すため」に背中を押していただき、本当に感謝しています。

育休後「無難に両立」で精一杯…から、両立に加えプログラミングの勉強をスタート!
岩本 尚子さん(会社員)ベーシック1期・アドバンス1期

キャリアカレッジには自己投資!と思って参加することを決めました。最初は育休復帰して無難に働き続けることで精一杯でしたが、この講座を受講したことで、長期的に自分の価値観を見つめ直し、働き方について考えるようになりました。

自分を見つめ直したときに気づいたのが、「私にはこの道しか無い」と、過去のキャリアにとらわれすぎていたことでした。そこで、改めて「好きなこと、得意なことって?」と考え直したところ、学生時代にプログラミングが得意だったことを思い出しました。

今後の自分の可能性を広げるためにも、まずは取り組みやすそうなHTML/CSSの勉強をスタート。「今年中には勉強したことを活かして、誰かの役に立ちたい!」という目標をもって勉強中です。

仕事へのモチベーションがUP、パートナーシップも改善!
しゅがー♥がんちゃん(営業職)ベーシック2期・アドバンス1期

この講座で、自分の軸と、大切にしないとバランスが崩れるもの(家族・家庭・パートナーシップ)がわかりました。中でも、パートナーとの関わりかたが変わったと思います。

最初、講座を受講する時間を捻出するため、自分で全部お金を出してベビーシッターを頼もうとしていましたが、最終的には、4回のうち2回は夫が子どもの面倒をみてくれました。子どももどんどんパパっ子になり、夫のほうも「三時間くらいなんのこれしき」というふうに変わっていったように思います。ワ―ママ1年生、色々あった5ヶ月でしたが、よかったです。

自分自身が心から実現したいと思えるキャリアビジョンが明確に!
花城 真琴さん(専業主婦)ベーシック2期

この講座を受けた一番の変化は、これまで自分自身が「ダメなところ」や「矛盾している」と思っていたところには、すべて自分なりに「想い」や「理由」があることに気づけたことです。そこに気づいたことで、現状の自分を受け入れて肯定できるようになりました。

そして、自分探しが途中で答えが出ていなくても、キャリアビジョン宣言の発表の場があったことで、途中なりに現時点の自分のキャリアビジョンが明確になりました!

これからもここで見つけたキャリアビジョンや、受講する前からもテーマにしてきた「優しい世界を広めたい」という想いを大切に、SNS発信を続けていこうと思います。

講座が終わっても交流ができる、卒業生コミュニティがあることがとてもありがたいです。これからもよろしくお願いします♡

本当にやりたいことと向き合い、都内から地方へ、移住・転職を決意!
M.O.さん(営業職)ベーシック2期

関西から東京に転勤となった我が家ですが、産後、ずっと「子どもと過ごしていきたいのは、この環境なのかな?」という違和感を抱いていました。

モヤモヤとした状態で、育休後、職場復帰する直前からキャリア戦略カレッジに参加。講義やワークを進めていく中で、自分自身の「Will」つまり「本当にやりたいこと」に向き合うことができました。

キャリア戦略カレッジには、業界も職種も、また子どもの年齢などいろいろな背景を持った人たちが参加していて、それぞれの考え方に刺激を受けました。もし自分一人だったら、ここまで深く、また、違った視点からは考えられなかったかもしれません。

私はこの講座を通じて、家族で過ごす場所の大切さ、働くことへの価値観の大きさに気づきました。このことが夫婦で話し合うきっかけにもなり、地方へ移住し、夫婦で転職することを決意。大きな転機でしたが、家族で同じ気持ちをもって決断することができてよかったと思います。

気持ちに余裕が生まれ、大好きなデザインの勉強を開始!
Yさん(会社員)ベーシック1期・アドバンス1期

私は受講する前、夫が単身赴任でワンオペ中、と仕事と家庭の往復に終わる日々でした。キャリア戦略カレッジで、悩みや不安を共有したことで自分自身を保つことができました。

現在、仕事では責任者業務を行いつつ、家庭のバランスを取りながら、趣味と実益を兼ねて、ウェブデザインの講座を受講してデザインを楽しみながら学んでいます。

この講座を通じて、私のWillである「人を笑顔にするモノづくりをしたい」という気持ちを心に留めながら「いつも少しずつでも、自分らしく前に進んでいます♪」と自分で言えるようになったことが一番の変化だと思います。

自分で築いてきたキャリアを認めたいと思えるように!
H.T.さん(事務職)ベーシック1期

この講座を通じて、自分に対して客観的な視点を持つことができるようになりました。

特に、自分が歩んできた人生を振り返って他の受講生とシェアするワークでは、現在を肯定的に見ることができるようになったと思います。普段の生活ではなかなか思い出すこともなかったようなことを、一所懸命思い出しましたが、これまでの人生には、ワクワクがたくさんあったということに気づくことができました。

このワークで、頼りない今ではあるけれど、自分で選んで、築いてきたキャリアとして認めたいと思うようになったのが大きな変化です。これからの人生も、「出来ない」に囚われず、自分の「本音の気持ち」に正直でありたいと思えるようになりました!

タイトルとURLをコピーしました